フォト

近藤スパ太郎 新・公式ブログは   コチラ

スパ太郎が   パーソナリティ

  • Inter FM        『ESSENCE OF STYLE』
    Ecoが番組テーマの『ESSENCE OF STYLE “シ-ズンⅠ”オフィシャルサイト』 '07.4~'08.3までにOAされた情報、取材やインタビューも1部を動画で配信中♪  (現在“シーズンⅡ”のOA準備中です!) 

雑誌・書籍・DVD 発売中!

近藤スパ太郎  出演中!

スパ太郎 Web連載!

Web 放送中!

  • DJ役にて出演中!
    ボクの声を今すぐ聴いてみたい方は、どうぞ! Vol1、Vol.2共に、ボクの出演は前半と後半のみですが…。「アイダ設計」のHP内です~♪

スパ太郎の    “ダイエット!”

“スパ太郎”がリポート 『エコパ '06』    無料放送中!

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月28日 (水)

「20世紀少年」-第2章-最後の希望 試写に行ってきた!

↑映画公開後、「ともだちの塔」に何かが起きるらしいです… 

 

「20世紀少年-第2章-最後の希望」 
今週末の一般公開に先駆け、マスコミ試写で観てきました! 

__s_2

(C)1999,2006 浦沢直樹 スタジオナッツ/小学館
(C)2009 映画「20世紀少年」製作委員会
 

 

日テレのCMで、顔に白い包帯をして登場する謎のキャラクター。  

アレが映画「20世紀少年」に登場する悪(?)のキャラクター“ともだち”です。

 
マンガの原作や、去年の夏の終わりに公開された「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」(DVDは1月30日発売)を観ていない人にとっては、意味不明のキャラクターですよね?

かく言うボクも、原作も見ていないし、-第1章-も観そこなってしまった…。
 

わかるかなぁ~と心配しながら試写へ。。。
(映画「20世紀少年」は3部作で、-第2章-は、-第1章-から15年が経った…っていう設定なんだよね)
 
 

マスコミ試写用のパンフレットは、こーんな感じで「ともだちの塔」が表紙…

004

中を見ても、-第1章-の説明はチョビット。「ともだちの塔?」 何だこりゃ? 観てないオレには良くわからん。。。 

他には'70年の大阪万博の写真や、日本万博のシンボル「太陽の塔」の写真、2015年に「太陽の塔」が日本の新しいシンボル「ともだちの塔」に変わった…という写真など、が有るのですが、ストーリー解説はペロッ!と、半ページ。
  

「ツベコベ言わずに観ろ!」 
 
って事なのか、

「マスコミ試写(皆さんお仕事)なんだから、-第1章-は観てて当たり前でしょう!」

って事なのか。。。 
  

-第1章-を観てないオレにとっては

Rimg10782

このマークも、全てがミステリアスな感じだ・・・。 

正にこの映画・「20世紀少年」の様…。 
 
  

 

で、観た感想。

作品は楽しめました!
(スタントも迫力あるし、キャストも豪華!)
でもやっぱり、-第1章-を観ていない事を凄く後悔… 

 

観終わった後にパンフレットを見返すと、登場する俳優達が原作にかなり酷似。 
 

スゴイね! コレは・・・
(映画のオフィシャルHPにも“キャスト&キャラクター”紹介が有るよ!)

キャラクター酷似にする為に、特殊メークをしている人が多いのですが、オッチョ役の豊川悦司さんのメイクで、毎回2時間かかっているとか…。 

 

六平直政さん扮する歌舞伎町にある教会の神父役。コレは特殊メイクはしていない気が…。

Rimg10783

(あっ、六平さんゴメンナサイ。 六平さんはプライベートではとっても温厚でアーティスティクな方です。声はデカイですが…) 

 

前田健ちゃんのオカマ役、古田新太さんの春波夫(三波春夫さんのイメージキャラ)など、他にもよくぞ似てる人をキャスティングしたな! とニヤリと笑ってしまいます。

“ともだち”教とでもいうのかな? 取り憑かれた感の小池栄子ちゃんもハマリ役でした。

常盤貴子さんの役(ユキジ)が50代…ってのを後から知り、こんなキレイな50代いるか!? もっと老けメイクでも良かったんじゃ…と、個人的には思っちゃいました。 

(-第1章-を観てれば、感想はまた違ったかもネ?)

 
 
あまりストーリーの事を書いてしまうとネタバレになってしまう可能性大なのですが、

少年の頃に秘密基地で書いた子供の空想「予言の書」(20世紀の終わりに悪の組織が世界を滅ぼす、空想のストーリー)。

数十年後、空想である筈の「予言の書」が現実のモノとなり、次々と大事件が起きていく…。

“ともだち”の計画を阻止する為に、仲間と共に立ち上がる。 

__ipk01

(C)1999,2006 浦沢直樹 スタジオナッツ/小学館
(C)2009 映画「20世紀少年」製作委員会
 

 

-第1章-で登場した「予言の書」には、「新予言の書」なる続編があった・・・

「“ともだち”は神になり、人類は滅亡する計画」

同級生の誰かが“ともだち”?

“ともだち”はあいつか・・・

いったい誰なの??

 
-第3章-を観たくなりますねコリャ。 
 
 
 

これから-第2章-を観る方へ… 
-第1章-を観ていない方には、DVD(1月30日発売)を観てから-第2章-を観る事をお薦めします。

 
どーしても-第1章-が観られない方。

せめて-第1章-の予告編と、-第2章-の予告編を観て下さいネ。

ちなみに…

この作品のスタントコーディネートを務めたのも、ボクが今、警視庁など「リアル交通安全教室」の司会でご一緒し、お世話になっているスタントチーム スーパードライバーズです。
 

 

「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」 
http://www.20thboys.com/part1/


「20世紀少年-第2章-最後の希望」は

1月31日~全国東宝系ロードショー

出演:豊川悦司、常盤貴子、平愛梨、香川照之、ユースケ・サンタマリア、藤木直人、石塚英彦、宇梶剛士、小日向文世、佐々木蔵之介、森山未來、古田新太、小池栄子、木南晴夏、ARATA、前田健、六平直政、片瀬那奈、西村雅彦、西村和彦、梅津栄、徳光和夫、研ナオコ、小松政夫、黒木瞳、唐沢寿明 他
 

公式サイト【http://www.20thboys.com/

2009年1月27日 (火)

発熱しないインフルエンザ

「週末の温泉ちょっと待ってよ! インフルエンザになっちゃったよ…!」と、友人のカメラマンからの電話。 

 

インフルエンザなのに、とっても元気な様子に、「ホントにインフルエンザなの?」 

 

聞くと、子供が週末にインフルエンザにかかり、それがうつった様なのですが、発熱は殆どナシ! 

日曜日の夜に最高で37.1℃になったそうで、今は36℃台。 

  

今は頭が痛く、咳が酷く出る以外は全然元気らしい。 

 

「昨日も子供と縄跳びしてたからねぇ」 

「えっ? インフルエンザなのに?」

「だって昨日の医者は、このまま高熱が出なきゃ風邪かもね? って診断だったから」 

 

更に受話器の向こうから、プファ~! とタバコの煙を吐く音が…。 

「ホントにインフルエンザなの!?」  

ちょっとインフルエンザっぽいんだよなぁ~との自己判断で、今日は違う病院に行き検査をしたら、

「A型ですね!」と言われたそうです。 

「熱が出てないけど、インフルエンザだし…、今更だけどタミフル飲んでおきますか…」と、先生も首を傾げていたそうな。 

 

発熱しないインフルエンザなんて、あるんだねぇ。 

 

今は全国的に大流行しているみたいだし、世田谷区の学校は学級閉鎖しているトコロもあるみたい。 

 

気をつけないとネ! 

 

5thレンズ7日目

遠くは良く見え、今まで出一番快適です。

(感覚だけど、両目で0.8~1.0位は見えていると思うんだ。。。)

特に日中はね。 

 

でも朝は二重感が強いなぁ~。

でも日増しに二重感は減ってきている気がします。

新聞の字が見えやすくなって来たからね。 

 

4rhレンズの時よりも、視力がKeepされる時間が短い気もします。

夜9時くらいになると、TVを観る(字幕など)時はメガネが必要な時も。。。 

 

ちょっと左右バランスにも差があるかな?

 

・日中の視力がもうひと声UP。

・左右バランスも良好!

・二重感がなくなる!

  

この3点が何とかなれば、もう終着点ですかね? 

 

調整後の5thレンズで1週間。  

1ヶ月もすると馴染んでくるだろうから、今は経過を見守るしか無いです。。。

 

2009年1月23日 (金)

映画「誰も守ってくれない」

B
【(c)2009 フジテレビジョン 日本映画衛星放送 東宝】

 

映画「誰も守ってくれない」

明日のロードショー公開に先駆けて、先週観て来ました。 
  

 
「久しぶりに良い映画観た!」というのが率直な感想。
 
とでも胸が痛くなる映画でした。
こんな風になってしまうんだ…と、考えさせられる映画でした。

 

今フジテレビでもしきりに、

映画「誰も守ってくれない」と、ドラマ「誰も守れない」の宣伝告知をしていますよね! 
イギリスのボーイズ・クワイヤー“リベラ”が歌うアレです。

予告編を見るだけで、映画でのシーンを思い出してしまいます。  
 
 

映画はね、

犯罪者家族の保護

未成年者による凶悪事件が発生した時、
警察が犯罪者の家族を保護する場合がある。

過去の事件で犯罪者の家族が非難され、
自殺したケースが何度かあったからである。
この件について、警察は公にはみとめていない。

という、テロップで始まるのです。  
 
  
 
映画は犯罪の被害者ではなく、加害者(容疑者)側の家族と、保護をテーマにした物語。

 

モントリオール世界映画祭で、最優秀脚本賞を受賞した作品です。

その脚本&監督は、「踊る大走査線」シリーズの脚本を手掛けた君塚良一さん。 

同シリーズの脚本を書くに当って警察取材を行う中で「容疑者家族の保護」に関心を持ち、ドラマがスタートした97年から10年以上暖めてきた作品なのだそうです。 
 
 

話しは少しズレますが、故・伊丹十三監督も暴力団員に切り付けられ、それ以降、警察の保護下に有りました。 ボクは伊丹監督の映画「スーパーの女」に出演した時に、その様子は見てますし、保護を担当する刑事さん達とも、撮影中は毎日会っていました。  映画の撮影は待ち時間も長く、刑事さん達からも色々な話を聞かせて貰う事も出来ました。   

だから個人的には“警察の保護”という視点からは、多少の認識が有りましたが、伊丹監督や家族は、“加害者”ではありませんからね。。。

ちなみに、その体験を元にして出来た映画が「マルタイの女」です。

(マルタイ=対象物 警察の隠語です)

   

さて、「誰も守ってくれない」の撮影方法には、ドキュメンタリー風なリアリティを出すために、かなり拘りがあったそうです。

手持ちカメラをメインに2台回のカメラを回し、リハーサルやスタンバイ中にも出演者に気がつかれない様にカメラを回し、その中で生まれる役者のリアルな動きや表現や感情を切り取っているそうです。 

だからセリフを間違えても、ソレは実際に起こったドキュメントの1つ…とした演出法。

 

Photo

【(c)2009 フジテレビジョン 日本映画衛星放送 東宝】

(↑コレはマスコミから逃げる1シーン) 

 
志田未来ちゃんの役は、ある日突然、殺人犯の妹となってしまい、自分の置かれた状況を理解する間もなく、マスコミや社会から追い詰められ、友達からも孤立してしまう難しい役どころ。 

「共演する大人たちは、志田未来とは一切口を利かないように…」という監督からのお触れがあったというから、徹底してますよね!  
 

そう聞くと、あの未来ちゃんの終始オドオドした雰囲気は芝居だったのか、もしかしたら現場の空気がそうさせたのか・・・?
 
(本人は「何も考えないで芝居しました」なんて言っているからこそ、天才と呼ばれる所以なのでしょうけどね…)  
 
 

  
突然家に押しかけて来る警察とマスコミ。
家族が逮捕されたという動揺とは関係なく、感情とは関係なく
坦々と進められる法的な手続きや、家族に対する取調べ。

 

家族の意見を聞くまでもなく、 バラバラになって警察の保護下に置かれてしまう家族達。 

犯罪を犯したのは自分じゃないのに「犯罪者の家族」という事で、マスコミや野次馬から執拗に追いかけられ非難を浴びせられる。

マスコミや世間の非難は、逃げども逃げども、しつこく執拗に追いかけてくる。。。

今はネットでの書き込みもあるから、なおさら。 

個人情報だって流出してしまう。  

  

それにプラスし、事件究明を進めることを担当する刑事に、被害者家族の保護を担当する刑事(佐藤浩市)。 

_016  

【(c)2009 フジテレビジョン 日本映画衛星放送 東宝】 
  

 

「いいですか! これは一生付いてまわるんですよ!」という警察の言葉が、日頃のニュース報道では見ることの出来ない、“犯罪者の家族の立場”を考えさせられました。 
 
 

 
 
その一方で、“犯罪の被害家族”となってしまった経験を持つ家族を演じるのが、柳葉敏郎さんと、石田ゆりこさん。 
_101  

【(c)2009 フジテレビジョン 日本映画衛星放送 東宝】 

 

揺れ動く感情を押し殺した、柳葉さんの芝居(存在感)が、実に良いです…。 
 

胸が痛くなりました!
グッ! と来ました。 
 
 

 

S__1

【(c)2009 フジテレビジョン 日本映画衛星放送 東宝】  

犯罪の被害にあった家族も、犯罪の加害者になった家族も、とても悲しいキズや、重荷を背負って生きていく。。。 それは一生付き纏う・・・という現実をリアルに感じた作品でした。 
 
 
 
 

ちなみに、この作品のスタントコーディネートを務めたのは、ボクが今、警視庁の「リアル交通安全教室」等でもお世話になっている、スタントチーム スーパードライバース 代表の雨宮さん。 
 
雨宮さんは2回の関係者試写で、2回とも泣いたそうです。。。 
 
 
 
ちなみにマスコミから逃げる警察車両など、迫力あるカースタント。
池袋の街を中心に、やっぱり2台のカメラでリハーサルからカメラを回して行われたそうです。 
 
  

 
公開されたら、もう一度映画館で観たい作品です!

モチロン、明日の夜に放送される ドラマ「誰も守れない」も観ますヨ! 
 
 

映画「誰も守ってくれない」は、

明日1月24日(土)~全国東宝系ロードショー
 
出演:佐藤浩市、志田未来、松田龍平、石田ゆり子、佐々木蔵之助、佐野史郎、津田寛治、東貴博、木村佳乃、柳葉敏郎 他

[公式サイト] http://www.dare-mamo.jp/

5thレンズ 3日目…(オサート)

微調整した5thレンズの経過です。 

 

ちなみに、1日目の一昨日は充血も酷く、会う人会う人から「目どうしたの?」と聞かれました。 

 

昨日は目ヤニは殆ど無く、充血は少々。 

朝は、近くを見ると二重感が強く、新聞は読みにくい感じでしたが、昼ぐらいから徐々に回復。  

遠くに関しては終日良く見えていました。 特に朝~昼くらいはカーナビの文字も良く見える程快適! 

夜の運転では、ナビの文字は見えませんでしたが、近所のドライブだった為に、メガネ無しの方が楽チンでした……。 

 

今朝は一昨日、昨日よりも更に二重感が強い感じですね。。。 

(昨夜は少々早めに寝たので、8時間半くらいは寝たかな?) 

今PCに向っているのは、二重感が強くちょっとツライ感じです。。。

逆に遠くは良く見えて快適。 

 

今外出から帰ってきたのですが、運転していてもいつもは見えにくい看板や標識が良く見える!  カーナビの字幕も良く見える!! 

 

一昨日、現在セカンドレンズの“koyu“さんからコメント頂きました。 

その内容には、ボクと同じく、遠くは良く見えるけど近くは二重感がかなり強いそうです。

更に、現在両目で1.25。 左は良く見えてるけど、右は0.5ぐらいでバランスが悪く辛そうです。。。 

それでも最後には、『メガネとは無縁の生活になったのはとっても嬉しい…』と有りました。 

コメントご参照【http://spataro.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-c286.html】 

 

 

メガネからの開放感! 

コレは何者にもかえられないですね。 

 

 

ボクのこの二重感は、4rhレンズの時には全く無かったコトです。。。   

何か対処法が有りそうな気がするのですが、、、、 

2009年1月21日 (水)

今日のイベント司会

今日は調布の中学校で、警視庁の交通安全教室の司会。 

 

そう、プロのスタントチーム、スーパードライバーズが、交通事故を再現する迫力のある交通安全教室です。 

  

スーパードライバーズを紹介する時に、

「映画やTVの第一線で活躍しています」というセリフに続いて、

「現在公開中、感染列島!」で、

(おぉー! とどよめきが…) 

 

「今週土曜日に公開、佐藤浩市、志田未来主演「誰もまもってくれない」」 

(更なる どよめき) 

「先日クランクUPした、映画版「ルーキーズ」」

(歓声が…!!) 

 

「そして私は司会を務めます近藤スパ太郎です」 

で、笑いが・・・。 

(何でだ!?) 

 

この交通安全教室で、名前を言って笑われたのは初めてだったので、一瞬ビックリ! 

(オバチャンのイベントでは、良く笑われるんだけどね! まさか中学生に笑われるとは…) 

 

 

今にも雨が降りそうな寒空の中、カラダを張ってスタントをするスタントマンも大変でしたが、寒い中、迫真のスタントを見てくれたみんな、ありがとう! 

  

今日みて怖かった事故を教訓にネ! 

今日は日本各地のから、交通安全を担当する警察幹部の方々が視察に来ていましたからね。 

この交通安全教室が日本各地で行われて行くと良いですよね! 

 

スーパードライバーズの交通事故再現が見られるサイト

http://www.sp-drivers.co.jp/ 

※事故再現 をクリックね! 

 

 

この前のアルタ前での、

リアル交通安全教室 動画はコチラのサイト

プロテクタ普及キャンペーン #4/5
http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_081125145922_1.htm

プロテクタ普及キャンペーン #5/5
http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_081125145925_1.htm 
 

 

昨夜から5thレンズ(オサート)

ここ2週間ちょっと、4thレンズに戻していました。  

一時期、4thレンズで左目は1.0まで見えていた時もありましたが、今はそこまでじゃなく、でも左右でバランス良く見えていました。 

夜でも運転時以外は裸眼。 

 

で、昨夜からは、先日微調整した、5thレンズ。 

 

2~3週間して、どっちのレンズが見えやすいかを自己判断後、先生に診察して貰います。 

  

 

でもね、昨夜はなかなか寝付けず、しかもやっと寝た・・・と思ったら、戦場で逃げている夢で真夜中に飛び起き、超寝不足な感じ…。 

(どーせ寝不足なんだったら、オバマ氏の中継見てれば良かったヨ…) 

  

こんな寝不足の状態もあってなのか、朝起きるとスゴイ目ヤニ。 

コレはオサートを始めた頃の目ヤニと同じ感じだね。 

 

目が異物と判断しているのか、最初とステップUP時なんかには、ボクは毎回なっています。。。 

  

レンズを外すと・・・・ 

 

おっ! よく見えてる! 

4rtレンズよりも良く見えてる感覚。 

 

でも、近くは二重感が強くて見えにくい。 

新聞なんかの小さな文字は、読めませんでした…。 

 

 

今は、イベントの仕事を終えて帰ってきた夕方帯。 

イベント中は、台本の文字も問題なく見えたし、

今は近くの文字でも良く見えます。 

  

微調整後のこのレンズは、ちょっと期待しちゃうな!

あと数日で、どんな風に見えて来るか…ダネ♪  

 

2009年1月20日 (火)

後遺症が…

インフルエンザは、回避できた様であります。 

んーーん、でも・・・ 

 

 

オデコと、唇のトコロ、新たに鼻の下にも出来そうな…と、

先週食べた、ナッツの後遺症が出ています。 

関連記事:「食べちゃイケナイもの…」 

 

効果覿面だな、こりゃ。。。 

 

これからオレにナッツを薦める方は、敵意がある…と思う事に致します。 

 

 

今日は1つ、良いオファーを頂きました。

まだ正式ではないのですが、公表は近々出来ると思います。。。 

 

2009年1月19日 (月)

今日の日記

今日の東京は、ポカポカ陽気。 

バイク移動がとっても気持ち良いです。 

 

でも、頭が痛いのは相変わらず。。。  こりゃインフルエンザじゃないね! 普通の風邪っぽい感じかな?  まだひき始めなので、酷くならない様、早めの薬を飲んでマス。。。 

 

今日はね、銀座の“廣済堂あかつき”という出版社で打ち合わせ。  3月に発売予定の、自転車ムック本に携わります。 

(追々報告しますネ♪) 

 

その後は、新しく事業展開を計画中の方と、番組の企画やら、イベントの企画やらを表参道で打ち合わせ。 

 

不景気、不景気と言われながらも、そうじゃ無い人達も沢山いるんですね。 

ソレを知っただけでも、希望が持てた感じです。 

 

さっ、今夜も早く寝るゾ!! 

 

2009年1月18日 (日)

風邪なんかひかないぞぉ~!!

昨日はボクの誕生日だったのですが、、、、 

インフルエンザの妻、子供の面倒などで、まったくそれドコロじゃ有りませんでした。。。 

(おめでとうメッセージを頂いた皆様、ありがとうございます♪) 

 

夜にひとり日本酒でお祝いをしました。。。

(寂しいぃぃ~~~) 

 

 

タミフルを飲み続けている妻は、今日になってスッカリ元気になり、 

一方のオレは、木曜からの頭痛もピークに達しております。 

 

今日は元気になった妻の買い物につき合わされ、(いや、運転手をさせて頂き)、夕方から益々体調が悪い感じです。。。 

 

(なので、今日は早く寝ます) 

 

 

病院の先生から色々聞いてきた妻曰く。

家族の一員がインフルエンザを発症したら、家族は全員インフルエンザ菌に犯されていると思って間違い無いとか…。 

正し、インフルエンザを発症するかどうかは、その人の持っている免疫と、抵抗力次第…。 

発熱後2~3日が一番感染力が強いそうなので、ソレを過ぎても家族に症状が出ない場合は、インフルエンザがうつっていないと思って良いでしょう…との先生の説明だったそうな。 

  

「だからアナタの具合が悪いのは、私のインフルエンザじゃないよ! 人のせいにしないで!」 と妻。 

 

オレの場合、体調が悪い…とは言っても、発熱はしないし、何とかインフルエンザにはかかっていないみたい。   

じゃぁ、普通の風邪?  

 

沖縄に住む、ちんねんさん(職業は福祉介護師)からも、こんなメールが来ました。  

「家族に罹患をした人がいるのなら、発症する確率は高いけど、予防接種をしているのなら、発症しても軽く済むよ」 
 
 
うん、オレは予防接種してるゾ!!
(妻も一緒にしたけど…)
  
 
「予防接種は免疫療法なので、いったん軽い風邪症状を体に覚えさせ次に罹患する時にその免疫力事によって発症を抑えると言うものなので、予防接種をしたから、罹患や発症をしないと言うものではないよ」
 
 
うんうん!! 
 
「もちろん、予防接種をしたものと違う型のウイルスが罹患した場合は、免疫力は備わっていないので、発症をします」 
 
 
ハイ! 知ってマス! 
オレも妻も打ったのはコレ。 
 
Photo  
 
Aソ連型、A香港型 とあるぞ!!  
 
 
なのに、、、、 
妻は、インフルエンザかどうかの検査で「A型ですね!」と言われたそうです。。。 
 
 
やっぱり、お疲れだった(免疫が下がっていた)のかも知れないね。。。。 
 
 
 
 
 
 
それにしても、ちんねんさん。  
 
 
ポカポカ暖かの沖縄、いいなぁ。 
 
沖縄でもこの時期は、インフルエンザが流行るみたいだからねぇ。 
 
 
 
 
ちんねんさんからのメールには、 
 
「マスクをして、手洗いうがいをするだけでも罹患する確率は5分の一位に減るヨ」 
 
 
と、有りました。 
 
皆さん、予防に努めましょうね。 
 
じゃ、寝ます。。。 
 

2009年1月16日 (金)

インフルエンザじゃん!!

昨日の話しですが、病院から帰ってきた妻。 

「どうだった?」

「インフルエンザだって!」

「うぇっ!? マジで???」 

 

妻はボクと一緒に、インフルエンザの予防接種しているのに??? 

 

「予防接種していても、抵抗力がなかった時にはうつるらしいよ」 

と言いながら、タミフルを飲んでました…。 

 

一緒に住んでるんだから、オレにもうつる可能性大ジャン!! 

 

頭が異常に痛いのは、そのせい??? 

(※妻も最初は頭が痛い、腰が痛いから始まりました!) 

 

ちなみに“タミフル”は、熱が出たら直ぐに飲む! のが、とても効果的だそうです。。。 

 

2009年1月15日 (木)

クレイマークレイマー かっ!

 

妻が風邪でダウン! 

娘も様子を察してか「ママ、お湯持って来たよ!」とマグカップを運んでくれたり、妻に布団をもう一枚掛けたりと、色々お手伝い。

 

いつもなら朝起きて食事が出来ているのに、今日はオレが作らなくては…。 

  

どういう訳か、娘はオレの料理を大変気に入っている。 

料理ったって、手の込んだモノじゃないのにねぇ。  娘にも手伝わすから、それが楽しいのかな? 

 

キッチンをあさると、今朝はパンの予定だったらしい…。 

「パパが前に作ってくれた、牛乳と卵でやって、メープルシロップかけて食べるのがいい!」と娘がリクエスト。  

 

どうやら、フレンチトーストの事らしい。

 

「いいの! トーストにしなさい。」 

「ヤダ! パパが作るのが良い!」 

「今日のパンはフワフワの美味しいパンだから、トーストの方が美味しいんだよ!」 

 

フレンチトーストなんてね、どーせ牛乳に浸けちゃう訳だから、特売で売ってる食パンで作ってるのです。 

でも今日のは、ちょっとコダワリのある高級パン。 

フレンチトーストにしてしまうのは、ちょっとモッタイナイ気が…。

 

「面倒だからトーストでいいよ!」

「だって、パパが作るのとっても美味しいし、楽しみなんだモン!」 

 

「えっ? そう??」 

そう言われちゃぁ、作るっきゃないでしょ! 

 

オレが作るフレンチトーストは、昔ーし昔ーし、東京バレエ団の海外公演でPari滞在中に覚えたモノ。  

(そう、オレは昔バレエの舞台に立っていたのです…) 

 

 

↑こう書くとカッコイイですが、 

本場フランス仕込み…って訳じゃなく、当時はコンドミディアムで自炊をしており、出演者仲間の、“盛田さん仕込み”のフレンチトースト。 

 

オモイッキリ、日本人仕込みです。。。 

 

しかもオレの長年の経験から、かなり日本風にアレンジ。 

  

今日は豆乳が余ってるから、牛乳とブレンド。 卵に隠し味の“塩”が見当たらなかったので、味噌と醤油を少々。 

 

横で娘が、

よーくかき混ぜるの?

ママはそうしないよ!  と質問攻め。 

  

カシャカシャかき混ぜる姿は、まるで ダスティン・ホフマンだな。 

 

バターも何処にあるのかわからず、マーガリンをフライパンに塗って焼いたフレンチトーストがコレ。 

 

Rimg10779  

高級パンは柔らかく、崩れ易い様です。。。 

(右側のミミは完全に取れてしまい、盛り付け時に形成)

   

映画みたいに焦げて喰えないワケじゃないし、OK!OK! 

 

「パパ~、美味しい!」と喜ぶ娘の声。 

 

そして2枚目、3枚目は上手に焼けました! 

Rimg10781  

 

ねっ! 

 

しかも高級なパンで作ると、味も格段に美味いんだなぁ。。。 と納得の味。

 

「夜もパパが美味しいゴハン作って欲しい!」と要請が。。。 

  

来たね!

まっ、妻は全然起き上がれないし、宅配ピザか、ココイチの宅配ってワケにもいかないだろうし(妻にはヘヴィーで食べられない)、必然的にオレが作る事になるでしょう。。。 

 

幸いにも今日は自宅での仕事。 

 

妻の看病をして…、今夜は何を作るか…。 

 

今日はまるで主夫だな! 

 

2009年1月14日 (水)

食べちゃイケナイ物…

今夜オレは、食べちゃイケナイ物を食べてしまった…。

しかも、とっても美味かったぁ…。 

 

今日は閉店後の、新中野の美容室“マッシュルーム”でヘアカット。 

 

カットをして貰いながら、担当の小池君がツイに“技術者デビュー”。  

 

そりゃ、おめでとう! 最初のお客さんはどうだった?   

なんて話をしているトコロに、外出していた店長の芹田さんが、お腹ペコペコ帰ってきたのです。 

 

あー腹減った! と言いながら袋から取り出しポリポリ。 とっても美味しそうな音。 

 

しかも追い討ちをかける様に店のスタッフが「あっ! ソレ美味しいんですよね!」 

 

鏡越しに芹田さんと目が合い「スパちゃんも食べる?」とこっちにやって来たのです。 

「何ですか?」 

「はい! 手出して!」 

 

その瞬間は、丁度前髪を切っていたので目を瞑ったまま手を出すと「なんだ、手が毛だらけじゃん」と、芹田さんが掌の毛を払って、美味しいポリポリを乗せてくれたのです。 

 

前髪を切り終えるとワクワクして目を開けるオレ。 

 

「んぁ? なんだこりゃ?」 

 

オレの天敵、ナッツじゃないか!! 

 

そう、オレはナッツ類大好きなのですが、おそらく食べすぎによりアレルギー体質に…。 

少しでも食べようモンなら、顔にブツブツガ出来てしまうのです。。。 

 

 

不覚にも、年末にはお菓子や、タイ料理に混じった微量のピーナッツやアーモンド食べてしまったのですが、

ナッツの原型そのものは、ここ数年、口にしてはいない禁断の食べ物なのです。。。  

 

 

しかも掌には、

アーモンドが5個。

半欠けのカシューナッツが1個。 

  

カシューナッツなんて、ブツブツがテキメンに出る食べ物じゃないか!! 

 

でも今更「コレ食べられないんです…」なんて断れない。 

芹田さんは店の入り口の方に行ってしまっているし、それよりも掌に付いた髪の毛を優しく払って、掌に乗せてくれたのです。。。 

 

食べたら死んじゃう訳でもナシに、今更「コレ食べられないんです…」なんて言い出せなかったのです。 

 

オレは、エイ! とばかりに、アーモンドと、カシューナッツを口に放り込んだのです。 

 

あぁ! この味。 この香り…。 

何年ぶりだろうか…。 

 

特に20年近くは一切口にしていないカシューナッツの香りが、“半欠け”だと言うのに、口全体に広がる…。 

 

オレは何度も何度も口の中で噛み砕き、ドロドロになってからゴクン! と飲み込んだのです。 

 

その時は、少しでも沢山噛んで、原型を無くした方が、ブツブツになり難いと思ったのです。。。 

 

でもコレを書きながら ハッ! と思ったコト。 

  

噛まずに飲んじゃえば、カラダに吸収されず、そのまま排泄されたんじゃないか……?  って。

  

だとすると、あんなにドロドロになるまで噛んでしまって、返って吸収しやすくなってしまったのではないか・・・? 

   

失敗したな。 こりゃぁ。。。。

 

しかし、食べちゃイケナイ物を食べてしまって、不思議と後悔は無い。 

(今は…) 

むしろ、ブツブツにはならないんじゃないかって気がする。 

 

食べてしまった…という自己暗示が、返ってカラダを刺激してしまうのだ。

 

 

だって、アーモンドは心臓疾患にも良い! と、アメリカの研究機関が発表しているじゃないか! 

 

そう、オレは薬を食べたのだ! 

 

ナッツなんて、何も食べなかった。

何もなかった。 

 

 

そう、カラダに言い聞かせれば、ブツブツなんかには、なりゃあしないのだ!!  (きっと…) 

 

    

(2~3日後には結果が出ると思います。) 

 

な~んにも無いコトを願うしかないね! 

 

  

 

2009年1月13日 (火)

久保田一竹と川崎景太展

最近のオレはこんな感じ。

Photo  

3日の初詣の朝にひげ剃って以来、剃ってません…。 

今日剃ろうか、明日剃ろうか。。。 それとも、このまま伸ばしちゃうか…。 

 

 

昨日は久々に、電車で銀座へ… 

(いつもはバイクだからね) 

写真は、雨上がりの歩行天です。 

 

松屋で開催されていた“久保田一竹と川崎景太展”を見て来ました。。。

Photo_2

  

 

マミフラワーデザインスクール主宰、フラワーアーティストの川崎景太さんとは、古くからの友人で、ボクらの結婚式のブーケや花は、全~部、景太さんが担当してくれました! 

 

その景太さんが、染色家の故・久保田一竹さんとコラボレート。 

 

残念ながら中は撮影禁止。  …なので、郵送して頂いたチラシがコレ。

Photo_3  

ん~。これじゃ、伝わんないよなぁ~。 

 

手前の着物が、故・久保田一竹さんが「辻が花」という絞り染めで染色した着物。 後ろの花は着物のインスピレーションを受けて景太さんが創作した(活けた)花。 

着物には興味無いボクでさえも、数々の着物と花のアーティスティックな空間に目を惹かれてしまいました。 

  

この着物スゴイね! 

染色技法も然ることながら、ボクが感動したのは、炎をモチーフにした、躍動感ある柄が多くあるコト。(水墨画の様な繊細な柄もありましたよ!)  

 

“炎”って、今風の柄で言うと、“フレアー”でしょ! 

 

ハーレーとか、アメ車のピックアップトラックに、ハデハデにペイントしてあったりする、アレです。 

 

そんな“フレアー”が、着物の柄になって、和のテイストになってしまっても、躍動感があって、こんなに美しい物なのか…ってね。 

 

“炎”柄じゃ有りませんが、“久保田一竹と川崎景太展”の作品写真が、川崎景太さんのブログ(12月18日記事と、1月6日の記事)に、2カット載ってました。

久保田一竹さんの美術館も、河口湖にあるそうです。。。 

  

 

“久保田一竹と川崎景太展”の後は、娘との約束で、ピーポー君も展示される、旧・京橋の上にある警察博物館へ…。 

 

ここで、お宝を発見!! 

Photo_5  

[1917年製 米国製 インディアン] 

1981年(大正7年)に、警視庁“赤バイ”として6台採用した貴重なシロモノ。

 

 

おっと、コッチは… 

Photo_6  

1962年型のパンヘッド(ハーレー) 

東京オリンピックの開会式でも使用された“黒バイ”だそうです。。。 

 

こっから先は、マニアックな話になりそうなので、、、  

バイクのブログ近藤スパ太郎の『Riding High ~♪』に寄稿します。。。  

 

2009年1月10日 (土)

およげ! たいやきくん

下高井戸商店街の「日大通り」にある、たいやきのたつみや。 

たつみやは、居酒屋「たつみ」の姉妹店。 

 

ドーン! と、コレが目印。 

Rimg10664  

(2階が居酒屋。駅前にも居酒屋駅前店が有るよ!) 

 

オバちゃんが2名~3名でたいやきを製造販売していて、その味はここいらじゃ知らない人はいない、ちょっとした名物。 

Rimg10662  

いつもこのくらいの列は当たり前。 

 

 

向かいの交番のお巡りさんも、美味しそうに食べてます。。。   

  

Rimg10667  

1個(値上がりして)¥120- 

(周りのパリパリは希望で残してくれ、せんべいみたいで美味いっす!)

  

 

「およげ! たいやきくん」は今から35年前。 

1975年に、『ひらけ!ポンキッキ』の中で流れていた歌。  

 

オレも歌いました♪ 

父が会社帰りにレコードを買って来てくれ、夜かけたのも覚えてます。 

 

 

数十年間、「およげ! たいやきくん」の歌は歌ってなかったけど、去年の冬ぐらいから、娘と風呂に入る時、歌って教えました。。。  

   

♪おなかのあんこがおもいけどぉー  

と歌いながら

「パパー。たいやきくんを釣ったオジサンは、きっとたいやき冷たかったんじゃないかな?」と、

熱いたいやきをフーフーしながら、冷めるのを待っていました。  

 

 

保育園でも、年明けから「およげ! たいやきくん」を歌ってます。 

世代を超えて、今でも歌われているなんて、スゴイ曲だよ!!

 

日本国民で「およげ! たいやきくん」を知らない人はいないんじゃないか? 

 

 

2009年1月 9日 (金)

ちょっと気になる 万華鏡

今まで“万華鏡”なんて、ちっとも興味無かったのに、最近チョッピリ興味を持ちました! 

 

きっかけは、お世話になっている霊園の館長。 

この霊園はね、センターハウスがガラス張りになっていて、オシャレな喫茶店風な感じなのです。 

 

館長のオバさんは、いつも穏やかで、いつもニコニコ。 

とっても気配りの利くステキな館長なのですが、1年くらい前かな?  館長お気に入りの万華鏡を見せて頂きました。 

  

 

いきなり、 

「ハイ! どうぞ!」と目の前に出てきたのは、 

透き通ったメノウ製(おそらく)の本体に、銅のフチで出来た、ズッシリと重い万華鏡。

霊園にお参りに来る方の中にステンドグラス作家の方がいて、手作りの万華鏡を頂いたのだとか…。 

 

 

万華鏡なんて・・・と思いながらも、見ないと館長に悪いような気がして、社交辞令で覗いてみると…… 

「うわぁ~~!」と思っちゃったのです。 

 

今まで見たコトも無いくらいビックリする、キレイな世界。 

数十年前に見た、ノートルダム寺院のステンドグラス窓を見た時の感動に似てたかな? 

手作りの万華鏡って、こうも違うのか…ってね! 

 

 

そしてコレは、この前見せてくれた2号機。 

Photo  

 

 

コレはノートルダム寺院のインスピレーションでは無かったのですが、でもヨーロッパを思い出す感じ… 

 

覗くとこんな風でした… 

 

Rimg9959  

 

Rimg9964  

 

Rimg9960  

 

Rimg9965  

 

ぐるっとちょっと動かすだけで、こんなにも違って見えるんだよね! 

 

それにオレの使用するカメラ、

“GX100”、“R7”、“G600”、“400G-Wide”(全部リコー製)は、コンパクトカメラなのに、ドレも“1㎝接写機能”が付いているから、 

ついつい写真を撮るカットも増えてしまう・・・。 

(コレがまたオモシロイんだよ!) 

  

 

こんなキレイな世界を作り出す部分はコチラ

Photo_2  

何かの破片や、アクセサリーチェーンとか・・・。

まるで“ガラクタ”の様なモノが、オイルに浸かっているだけ…。  

 

この相反する感じも、奥深いよなぁ…。 

 

 

オレも作って貰いたい・・・

と思ったのですが、この作家さん、この作品を最後にもう万華鏡は作らないとのコト。  

(残念…)

 

霊園なだけに、色々な思いを持った方が来るそうなのですが、何かを思い詰めた風な方に 「ハイ、どうぞ!」と差し出すと、涙を流しながらいつまでも、いつまでも見ている方もいるそうです。。。 

  

そして「お陰様で元気になりました。ありがとうございました!」と、返却されるのだそうです。 

 

館長の万華鏡は、館長が持つからこそ意味がある様な気がします・・・。 

 

 

 

ちなみに、ウチの娘も万華鏡が大好き。 

お土産売り場に万華鏡があったりすると、暫らく離れません…。 

 

249  

(娘の場合、二刀流です・・・。) 

 

 

一般的な万華鏡はこんな感じ・・・。 

Photo_3 

 

Photo_4   

 

Photo_5  

 

館長の万華鏡以来、ドレをみてもキレイ…と思うようになっちゃいました…。 

  

 

 

2009年1月 8日 (木)

しょっぱい星人の呪いが掛かった“そば”?

ウチの最寄駅(徒歩2分)は、急行が停まるってのに、商店街がとっても寂しい感じ。。。 

(隣駅は急行は停まらないのに、メチャクチャ栄えてるんだ…)  

 

駅の近所でメシを食うったって、飲食店もそんなになく、リピートして行きたくなるような美味しい店となると、片手で足りちゃうくらい…。  

  

だから近所でメシを喰うのは、一苦労  

でも昨日、発見しました!

いい感じの居酒屋 (^^)/ 

(中尾ミエさんが出没する店の隣に有ります) 

  

 

実はこの店、オープンしてから2年くらいは経ってると思うんだ…。 

 

何で今まで来なかったのか!?

 

ソレは今までこの場所に有った蕎麦屋があまりにも、しょっぱかった! から…。 

 

まず引っ越して来た日に、引越しを手伝ってくれた仲間とこの蕎麦屋に入りました。 (引越し蕎麦にかけてね) 

 

その味のしょっぱいのなんの! 

塩加減間違えちゃったんじゃないの??  

こりゃぁ、カラダに悪い!ってくらいの、ヤバイしょっぱさ。 

 

全員が食べ終わってから、ウチに戻ってから水をゴクゴクッ! 

 

その後、何度か食べに行ったけど、やっぱり、しょっぱい! 

  

数年して案の定店は閉店になり、オーナーが変わり、新しい蕎麦屋がオープン。 

たべて見ると、またもやしょっぱい……。

 

ナンデ? ご主人が違うのに??? 

きっとこの場所で蕎麦屋をやると、“しょっぱい星人の呪い”がかかっちゃうんだ…。

 

 

そんな悪い印象があったから、居酒屋に変わっても今まで入るきっかけが無かったんだよね。 

 

トコロがこの居酒屋、いつも混んでるの。 

 

昨日は近所で食べる店に困り、

どんな感じのメニューだ!? と、覗いた瞬間に「どうぞ! 奥に座敷が有りますから…」と誘導されるまま店内へ…。 

 

入り口は立ち飲み風で、奥にはテーブル席が。 

こんなに広かったっんだ、この店! 

(前の蕎麦屋の倍以上はあるかな?) 

 

更に奥にあった座敷の個室。 

Photo  

 

♪(南こうせつ さん 風に) 3畳ぉ~、一間のぉ~小さな個室ぅ~ 

  

一見、従業員の休憩場の様な部屋。

(ホントにそうかも? 毛布が置いてあったしね) 

 

円い“ちゃぶ台”が置かれた小さな個室には、小さな窓があって、厨房が見えるのです。 

 

Photo_2  

ご注文は? と、厨房から店員さん。 

 

いいね、いいね、この部屋。 

 

6人も入ったらギュウギュウになってしまうけど、良い感じです。 

 

娘も厨房のコックさんの様子が見られるから、とっても楽しいみたい。  

 Photo_3  

窓から出てくるビールや料理も、自分で運んで楽しいみたい…。 

  

そして美味しいのに、かなりリーズナブル。 

 

 

でも最後に食べた、ソーキそば(沖縄そば)。

Photo_4  

 

コレは・・・ ちょっと、しょっぱかった…。 

(美味しいけどね) 

 

やっぱこの地には、しょっぱい星人の呪いがあるのだ…。 

 

なんでた?  コレも“そば”だからか!?  

 

でも、また食べに行くよ! 

 

園児の書初め

昨日、保育園に娘を迎えに行った時のコト。 

  

娘は3歳児、4歳児、5歳児が合同のクラスなのですが、 

時々壁に、皆が書いた絵が展示されるのです。 

 

昨日は“書初め”がズラリと貼ってありました。 

 

鉛筆で、どーにかこうにか書けるようになったばかりなのに、筆で、墨で書いた娘の習字にちょっと感動しちゃいました。。。 

(保育園もオツな事やるねぇ~) 

 

正に娘にとっても習字は初体験。 正真正銘の書初め。  

 

幼児が書く習字は、まるで大先生が書いた毛筆の様で、 よーく見ないと、書いた字がわからないのです。 

 

娘が初めて書いた字は 「おもち」。 

 

ナルホド。 

 

年末に餅つきに行って、そのお餅を正月に毎日食べたモンね! 

 

他の子も「こま」とか、「くろまめ」とか、「おぞうに」とか・・・。 

みんな正月休みの思い出を書いたんだね。 

 

中には「ともだち」「パパ ママ」って書いたのも有り、正月にお友達やパパ、ママといっぱい遊んだんだろうねぇ。 

「あんこ」   お餅にあんこ絡めて食べたのかな? 

「りんご」   正月にりんごを食べたんだろうねぇ。 

「おでん」   ○○君家は、お正月から“おでん”だったのか・・・。 

 

各家庭の雰囲気がわかってオモシロイね、コレ! 

  

 

1つだけ意味不明なモノが・・・。 

 

 

 

にいがた

  

 

正月ににいがたに行ってたんだろうけど、、、、

 

そうだとしても、

ゆきとか、おばあちゃんじゃなくて、  にいがた 

 

地名かよ! 

(よっぽど印象深かったんだろうね)

 

 

子供ってオモシロイよなぁ~。 

保育園に迎えに行くのは、いつも楽しみなオレです 

 

2009年1月 7日 (水)

早めの花粉症対策

Rimg10633  

ついに来たか、この季節が・・・。 

 

そう、花粉症の季節。 

嫌~な、嫌~な、花粉症の季節。 

これぜーんぶ、花粉症の薬。 

 

左からポララミン(朝夕各2錠)、タリオン(朝夕各1錠)、セレスタミン(花粉症が酷い時に頓服として飲む) 

去年の残りと、新しく処方して貰ったヤツで、在庫整理をしたらこんなにも…。 

 

でもコレで2か月分有るか無いか…だからね。 

薬漬けだけど、しょうがないよなぁ。 

 

 

花粉が飛ぶ前から薬を飲む“飛散前投与”は、最も効果的な手段らしく、早速昨日から飲み始めました。 

 

馴染みの調剤薬局のオジサンが、「いや、もう遅いくらいだよ! 早い人なんか12月から飲んでるよ!」 だって! 

 

そ、そ、そ そうなの??? 

いつもはオレの誕生日(1月17日)が過ぎてから飲み始めるので、オレ的にはこれでもかなり早い方なのですが… 

 

 

病院では去年も飲んだ、タリオンとポララミンを処方して貰いましたが、調剤薬局のオジサン曰く、

「まぁ、まだ飛ぶ前だから弱いほうの薬を飲むだけでも効果はあるんじゃないの?」 

 

オレもそう思う! 

よし! 今はタリオンだけにして、花粉が飛び始めたらポララミンを飲むとしよう! 

 

 

皆さんも花粉症対策は、お早めにネ♪

2009年1月 6日 (火)

中学の プチ窓会~♪

去年の11月、20数年ぶりに再会した中学時代の恩師1名と同級生4人。 

「この勢いで、プチ同窓会をやろうヨ!」 となったんだよね。

 

「正月だったら、実家に帰ってる人も多いだろうから、ちょっとの時間なら集まれるんじゃない!?」 

ってな事から、正月にプチ同窓会を行ったのです。   

 

集まったのは恩師2名に、同級生15人。 

 

ボクなんかは、21歳で実家を離れ、都内で暮らすようになったので、殆ど地元の友達とは会ってないんだよね!

 

ドキドキしながら店に入ると早くも先生2名が先に到着! 

「あぁーー、先生!」 

「おぉ! 近藤か! 元気そうじゃないか!」 

  

懐かしい話しに花咲く中、次から次へと、同級生がやって来て、みんな座るのを忘れて立ち話し。

いや~。懐かしいねぇ。

 

あんなに小さかった“べべ”が、こーんなに大きくなって…。

(本人は、高校に行ってからはこんな感じだよ! と言ってましたが…)

 

 

最初はね、「誰だ?」なんて違和感もあったんだけど、数分もすると、みーんな当時の顔になって馴染んでた…。 

  

スッカリ、メタボな奴もいたけど、みーんな変わってないなぁ。。。 

驚いたのは、同級生同士で結婚したヤツが多い事。 

 

 

先生が挨拶した時、同級生の皆と比べると、ちょっと長めの近況報告だったんだけど、

あの話し方、トーン、声、先生の生まれ故郷なまり。 

あの当時のまんま。 あの時の授業のまんま。 

 

先生の話で、完全に中学時代に戻っちゃったね! 

  

 

でも今回、皆に連絡するのは、大変だった・・・。 

昔の卒業名簿を頼りに、友達の実家に電話をしたんだけど、こんなご時世だから、20数年ぶりにそれぞれの実家に電話しても、お父さんお母さんが怪しんでるんだよ。  

オレの事。。。 

 

言葉のフシフシに、「かなり怪しい人物?」 と疑われている実感があるのです。

ドコん家の親も、スゴクコワイ応対だしね。 

 

  

例えば・・・

スゴク仲の良かった男友の実家に電話した時の事。

お父さんが電話に出られて

「○○中で同級生だった近藤と申します。 トモユキ君の連絡先をお聞きしたいのですが…」 

「オーイ、トモユキぃ!」 

 

(なーんだ、実家にいたのか…)と思いながら暫らく待つ… 

受話器の向こうで、コソコソ話しが聞こえた後

 

「あのね、トモユキは出張中でいません!」 

(へっ? 今横にいたんじゃないの?) 

「じゃあ、ボクの連絡先を伝えて貰えませんか?」

「いや、ウチは結構です!」 (プーッ、プーッ、プーッ、) 

 

オイオイ! オレは押し売りじゃないぞ!

振込み先も言ってないし…… 

(ソレより、なんでトモユキ君は電話に出てくれないの?) 

 

同窓会当日、他の友達から「トモユキがゴメンって言ってたよ!」 と聞きましたが…。  その時はボクの声を聴かなかった本人も疑っていた様子…

  

 

コレが女友達ってなると、もっとコンタクトが難しい…。

たまたまお父さんが出られ、 

「お宅は何でウチの娘の名前を知ってるんですか?」 

(ですから中学の同級生です。 同窓会には担任だった○○先生も来ます!)  

「○○先生? アナタね! ドコでそんな情報調べたの! だいたいこんな正月に同窓会なんてやるワケないでしょ! もっとマシなウソをつきなさいよ!」 (プーッ、プーッ、プーッ、) 

 

オイオイ! 中学の時には、あんなに何度も電話してたのに…

 

あぁ! 20数年という年月の経過は、同級生の(親)は、オレのホームではなく、完全なアウェーとなっている感じだぁ…。 

  

そりゃさ、20数年も経てば、親は子の同級生の名前なんて覚えちゃいないよな。。。。  

 

そうだ!!  オレには秘策がある!

ボクは本名を【コンドウ マサキ】と言うのですが、逆さから読むと【キサマ ウドンコ】という、ちょっと特徴のある感じに…。 

当時【キサマ ウドンコ】は、学年を超えて知れた名前でした。 

 

 

ある女友達のお母さん。こりゃ完全に疑われてるなぁ…と思い

「逆さから読んで【キサマ ウドンコ】から電話があったって伝言して下さい!」と伝えたトコロ、

大笑いしていたお母さん。 

 

(こりゃぁ掴んだゾ! きっとお母さんも思い出してくれたに違いない!!) 

と思っていたら、本人から折り返し連絡が来て

 

「ちょっと! 今ウチのお母さん、ヘンな人から電話が有った! って怖がってたヨ! 親にヘンな事言うのやめてよね!」 と、20数年ぶりの懐かしい声。 

   

プチ同窓会でコレだからね。学年単位でやる事になったら、こりゃ大変だなぁ! 

今回集まった17名が、1人が3人に伝え、伝えられた3人がまた3人に伝え…

っていう風に、ねずみ講やマルチ商法の様に増やして行くしかないなぁ。 

 

 

でもね、今回参加出来なかった友達も、コンタクトが取れたり、近況が分かったりもしました。 

 

今回来れなかったみんな! 

また来年も“1月2日”に同窓会やるよ! 

みんなヨロシクね♪  

  

 

【PS,集まったみんなへ】 

今回参加出来なかったメンバーが、みんなの写真見たい!って言ってるよ! 

嫌だ! って言ってた人がいたので、一応確認です。

こーんな感じで データを軽くして、写真をUPしても良いかな? 

どうせ同級生以外、写真に興味を持ってくれる人はいないワケだし… 

 

それから集めた会費は、¥6,550-余ったヨ。

べべが写真を焼いて、みんなに送ってくれる…と言っているので、その経費に使うね! 

写真データが欲しい人は、オレか、潤ちゃんまでメール頂戴ね! 

☆近藤☆ 

 

現在83キロ

昨夕は、お気に入りの革パンが閉まりませんでしたが、

身近にいる妻でさえ、

「最近ちょっと太ったんじゃないの!?」と、異変に気がついた様子。 

 

 

起き掛けに体重計を引っ張り出して計ったら、82.6キロ。 

四捨五入したら、83キロジャン!!  

 

ブヒブヒブヒィ~    

身長は172~3センチ前後なので… ちょっとマズイよ! 

 

っていうかその前に、この腹は無いだろう…の実感。 

 

   

あんまり当てにはならないけど、(あくまでも目安値の)BMIとか、標準体重の計算式ってあるんだよね! 

  

BMI=体重(kg)÷身長(m)2 

 

ボクの場合、172cmとして、

83÷(1.72×1.72)=28.05 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※BMIが「25」を越えたら危険信号! 

こんな(↓)生活習慣病の発症率が倍になると言われているのです。。。  

・BMIが25以上→高血圧、高中性脂肪血症

・BMIが27以上→糖尿病

・BMIが29以上→高コレステロール血症

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

でも、これはあくまでも目安値。  

トレーニングして筋肉量の多い人は、単純に体重が増えるワケで、BMI値も大きくなるのです。  

 

標準体重=身長(m)2×22 

ボクの場合、(1.72×1.72)×22=65.1kg

でも高校時代にスポーツやっていて、現役バリバリの体重が71kg。 

 

ボクは元々筋肉量が多く、骨も太い方らしいので、コチラもあくまでも目安値。 

 

 

『あんまり当てにはならない…』って冒頭で書いたのはこんな理由から。 

 

…でも最近はトレーニングもしていないし、こりゃやっぱヤバイよ。。。 

 

 

以前、テレ玉の番組で、ウイダートレーニングラボの管理栄養士、トレーニングコーチ指導の下、 

『ちゃんと食べて、運動して痩せるダイエット!』を体験しました。 

 

この時に落とした体重、3ヶ月ちょっとで、6.2キロ減! 

 

リバウンドしにくい体にするには、1ヶ月当たり1kg~2kg減が理想だそうです。(極端に体重のある方は別)

(急激に体重を落とすとカラダが危機感を覚え、リバウンドし易くなってしまうのだそうです)

 

 

という事は・・・

  • 1月末 → 82kg

  • 2月末 → 81kg

  • 3月末 → 80kg

  • 4月末 → 79kg

  • 5月末 → 78kg 

  • 6月末 → 77kg 

  • 7月末 → 76kg 

…こう考えていくと、かなり敷居が低いよね! しかもコレはミニマムな目標だし。

 

しかもこの企画中は体調も良く、それまで酷かった肩こりや腰痛は、スッカリ何処へ…という感じでした。 

 

ちょっと番組でやったメニューを思い出して、体重減! に励みます。 

 

当時のトレーニングコーチ達曰く、元々筋肉量が多い事や、年齢的な事を考えると、75キロ前後の体重維持が、最初の目安…との事でした。  

 

目標体重になるのは、夏ぐらいだね。

 

 

先ずはカロリー摂取を減らして、基礎代謝を上げないとネ!

 

(コレ書きながら食べている“じゃかりこ”も、当分控えます ハイ。) 

 

 

ご参照『スパ太郎のダイエットチャレンジ』

http://www.teletama.jp/hirugogo/diet/index.htm 

 

※簡単BMI&標準体重 判定が出来るサイトはコチラ 

 

 

 

2009年1月 5日 (月)

あれ? こっちもキツイ…(汗!)

ウゲッ! 

キツくなったのは、オサートレンズだけでは無かった…。  

 

夕方になって履いた革パンツ。 

Photo  

(↑ジーンズ加工された、洗える革パンなのです) 

 

34インチなのに、ウエストがしまらん…。 

 

クリスマス時期頃からだろうか。 

こんなに食べてちゃマズイよなぁと思っていたのは。。。 

元旦から始まった、朝酒も旨かった。 

 

そのツケであるのは確か。。。 

 

唯一の言い訳は、このパンツ、34インチとは思えないくらい元々ウエストがキツかったのです。 

 

でも、ボタンが閉まらないのが現実。。。 

ヨシ!!! 

 

オサートレンズ 微調整

オサートを始めて、まる1年となりました…。 

 

今日はちょっと、レンズがキツクなってきた感が有り、微調整へ…。  

ボクの場合キツクなってくるとね、急に見え方が悪くなります。 

 

 

今日の診察は、以前パーティでお会いした事のある、野原先生。

で、今日の検査結果

090105  

右も左も0.5

両目で0.7 

 

やっぱりね。 悪くなってた…。 

 

5thレンズを調整してもらいました。 

 

4thレンズは調子が良かったので、

ここ2週間は4thレンズ。

その後は5thレンズに戻して、どっちのレンズの方が見えやすいかを自己判断。 

その自己判断結果を持って院長診察で更に院長の判断…。 

 

となる様です。 

 

ここまでステップUPするとね、超ミクロン単位になるので、その日の寝相やレム睡眠時の目の動き方…などで若干の見え方が違ってくる場合があるのだそうです。 

 

悪くなったとは言え、0.7ですからね。 

日中は何とか、裸眼で過ごせる喜びに感謝です。 

 

今日のクリニックは、まだ冬休みのせいか子供が沢山でした。 

  

そして明日の“笑っていいとも!”テレフォンショッキングのゲストは、 

オサート治療で、金メダルの成績を収めた

“吉田沙保里” さんです。 

 

まっ、いいともでオサートの話しをするとは思えませんが、時間があったら見てみまーす♪ 

 

年初の反省(^ 。^;)

年末年始の時間がある時にやろう〜と思っていた事が沢山あったのに、殆ど出来なかったなぁ……。

特にブログ更新は殆ど出来ず、新年ネタは内容も薄いよなぁ…と反省。


でもね、年末に立ち上げたバイクブログに関しては、色々な展開を練る事が出てきました……。


今年はもっと多くの方に、ブログを観て貰えたら嬉しいです。

(なんせブログを観て下さる方がいるんだ…ってのは、大きな心の支えになっていますからね〓)


今はね、オサートのレンズがキツく感じる様になったので、三井メディカルクリックに調整に来ています(モブログです)。

帰ったらPCでブログ更新するヨ!

2009年1月 1日 (木)

元日の過ごし方

ここ数年の大晦日と元旦の過ごし方。 

 

大晦日は、恒例になっている義姉の家に夕方から集まり、紅白や格闘技を見ながら、御節料理に年越し蕎麦。 

紅白が終わると、近所のお寺へ完全防備の格好で鐘つきへ…。 

 

鐘つきは表向きで、実はコレが楽しみ! 

Rimg10526  

ん~。

樽酒って、“樽の木の香り”がたまらんねぇ。

 

ビンで飲んで ん? と思う銘柄でも、この“樽酒”は全然別格だね! 

 

ホントは樽の中で寝かして、ちょっと薄茶に色づいた日本酒だと、もう最高だね!  

  

日の出ちょっと前に寝で、起きると御節を食べ、日本酒。

今年は精米歩合80%の酒を飲んで、まったり気分。  

  

実は朝になって、

「あっ! お屠蘇買ってくるの忘れた!!」と妻。 

 

ちなみに、妻が切った酢ダコ、なぜかいつも数珠つなぎ…。 

  

今日は夜になってようやくお雑煮。 

この雑煮って、地域地域で全然違うんだよね! 

 

前に「あっ!とおどろく放送局」の7時間生放送の時に「我が家のお雑煮の食べ方」を募ってビックリ! 

確か四国のどこかの地域では、アンコが入ったお雑煮だったヨ! 

 

妻が作る、ウチのお雑煮はコレ!

Rimg10549  

 

妻の実家風と、ボクん家の実家風の良いトコが混じっています。 

 

スープはカツオと昆布でとった、繊細なスープに香り付けで柚子。 

具にはサトイモに、柔らかい鶏肉、香りの良い原木シイタケ。

極めつけは、妻の母の実家である富山の山奥で取れた、ぶっ太いぜんまい。 

 

このぜんまいは、妻と出会うまで見た事なかったなぁ。 

 

地元の方々が、流通ではなく自分の家で食べる用で山からとってくるそうで、香りが良く、歯ごたえもスゴイ! 

 

丼によそってからカツオとノリ、七味唐辛子を添えて喰うのです。 

 

そうそう、中に入っているお餅は、先日知人宅で搗いたモノ。 

Photo  

 

焼いた餅が、雑煮全体を香ばしくしているのです。。。 

 

日本の正月って、やっぱ良いよね! 

2009年 元旦の挨拶

明けましておめでとうございます。 

 

ちょっとマジメな話しをしますと、 

このブログを観て下さっている皆さんがいるのだ…という事が、ボクの心の支えになっています。 

  

年末のクリスマスに、バイクのブログ

近藤スパ太郎の『Riding High ~♪』 

http://ridinghigh.cocolog-nifty.com/blog/】 

も立ち上げました。 

  

この『スパブログ』も、『Riding High~♪』も、 

是非是非、今年も宜しくお願い致します♪ m(_ _)m

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ