フォト

近藤スパ太郎 新・公式ブログは   コチラ

スパ太郎が   パーソナリティ

  • Inter FM        『ESSENCE OF STYLE』
    Ecoが番組テーマの『ESSENCE OF STYLE “シ-ズンⅠ”オフィシャルサイト』 '07.4~'08.3までにOAされた情報、取材やインタビューも1部を動画で配信中♪  (現在“シーズンⅡ”のOA準備中です!) 

雑誌・書籍・DVD 発売中!

近藤スパ太郎  出演中!

スパ太郎 Web連載!

Web 放送中!

  • DJ役にて出演中!
    ボクの声を今すぐ聴いてみたい方は、どうぞ! Vol1、Vol.2共に、ボクの出演は前半と後半のみですが…。「アイダ設計」のHP内です~♪

スパ太郎の    “ダイエット!”

“スパ太郎”がリポート 『エコパ '06』    無料放送中!

« 放置されたハカラメ… | トップページ | オサート紹介制度 »

2008年10月 3日 (金)

4rhレンズ開始2週間後検査

103  

 

前回9月18日 → 今回10月3日

  • 右 0.4(屈折率-2.00D)→0.5(屈折率-3.00D) 
  • 左 0.4(屈折率-3.00D)→0.5(屈折率-2.50D)
  • 両眼1.0     →  0.8 
  •  

    絶好調だった前回の9月18日(3rdレンズ時)と、数値的にはほぼ変わらず。 

     

    4rhレンズ。 ここまで来ると、屈折値は眼球の計測する場所が数ミクロン違うだけでも数字データが違ってくるのだそうで、あくまでも目安値という事です。 

     

    両眼での視力が前回よりも悪いですが、これも昨晩から今朝にかけてのレンズの入り方の様です。  

     

    まだ4rhレンズ開始後2週間。 安定していない事もあり、ココまでの成果としては順調だそうです。 視力ももう少し良くなるでしょう・・・ との事。 

    (場合によっては5thレンズにステップアップも視野に…)

     

     

     

     

    ただ、

    4rhレンズにまで来ると、ミクロン単位でのレンズの入り方で違って見えるので、よく見える日と、ちょっと見えにくい日は感じるかも…?(検査技師さん談) との事。 

     

    先生からも、

    付けたら直ぐ寝る、

    良いまばたきを!

     

     

    コレは今日も言われました。 

     

     

    技師さん指導の元、良いまばたきの練習。

    (レンズを装着後直ぐ寝るのですが、その間のまばたきが超・重要です。  

       良いまばたき=シッカリと目を閉じるというか…まばたきを意識するというか…) 

     

      

     

    それから、相変わらず出る夜間グレア。 

    これは前にも言いましたが、光を感じる事で反応する網膜が、ボクの場合とても敏感だそうです。 (ここまで敏感な人もめったにいないそうです) 

     

    コレは逆を言えば、網膜の反応が良いのはとっても良い事なのだそうですが、角膜の表面を治療する療法(オサートもレーシックもこの治療法)に於いては、現在の技術では限界があるとの事でした。 

     

    つまりボクの場合、レーシックでも同じ症状で悩まされる…という事。 もしレーシックをしてこの症状が出た場合、角膜の削る範囲を広くする再手術をしなくてはならない。  

    それでもボクの反応の良い網膜を考えると、再手術をしても改善はしないだろう…との見解です。 

     

    レーシックの場合は、一度削ってしまうと、もう元には戻せませんからね…。 

     

    ボクの場合、やらなくて良かった…という結果になりました。 

    (以前も書きましたが、オサート治療が合わない方には、レーシックを勧める場合もあるそうです。  逆にレーシックをやる場合には、気軽にやるのではなく、セカンドオピニオンを立てる…などした方が良い! というのが今まで色々な方の話しを聞いてきた、個人的な感想です) 

     

    さて、この夜間グレアの今後の対処法ですが、

    ①目標視力になり、視力が安定して来たら、最終的なレンズで角膜を凹レンズ型に押している範囲を広げる (今はレーシックと同じく、ピンポイントで角膜に型付けをしています)

    ②夜間グレアが出る時は、メガネをかける 

    ③オサートを止め、治療開始前の状態に戻す
    (人により違いますが、オサート中止後2~3週間で元に戻るそうです) 

     

     

    選択肢はこんな感じ。 

     

    オサートは寝る直前(眠い時)にレンズを入れるので、正直メンドクサイ。 

    でもオサートを中止してメガネ生活に戻るんだったら、夜間グレアの気になる時だけメガネを掛ける…って方が、まだマシですかね!  

    メガネからの開放感には変えられません…。 

      

    「サングラスを掛けると、夜間グレアが強くなる」という相談もしたのですが、 

    「同じ理屈ですよ!」 

    暗いレンズにより瞳孔が開き、そこへ光が乱反射して眼に入ってくるので、理屈的には同じ。 

     

    レンズの色を、暗い色のレンズより、ピンクや黄色などの明るいレンズにすれば、紫外線もカット出来るし、裸眼よりも見易くなるのでは・・・? との事でした。 

     

    よし!  

    今度試してみよう! 

     

    今夜は練習した良いまばたきだ!! 

     

     

    « 放置されたハカラメ… | トップページ | オサート紹介制度 »

    オサート・オルソケラトロジー(角膜矯正療法)」カテゴリの記事

    カラダ」カテゴリの記事

    心と体」カテゴリの記事

    コメント

     こんにちは~前回以前見えていた近くが見えなくなって困っているというコメントを書いたのですが先日検査に行って相談してみたところ理由が分かりました。

    理由はずばり老眼だそうです。(が~ん)自分はまだまだ先の事って思っていたのにすごくショックです。老眼って50代、60代だけじゃなく今は30代後半から始まる人もいるみたいです。近視の人は最初から近くにピンとが有っているので老眼を感じない人が多いそうです。でもその近視が改善されると老眼を感じるようになるみたいでこれに関しては残念ですがオサートでは治せないようなんです。現在ファーストレンズで0.7位まで調子がいいと見えていてもう少し見えるようになるといいと思っていたのですがよく見えるようになると更に近くが見えにくくなるそうです。

    それでもっと見えるようにして近くを見る時は老眼鏡をかけるかこのままの状態にするか考える事になって今悩んでいるところです。他の人のことを聞いたのですが人それぞれだそうです。自分がどういう仕事をしているかによっても変わってくるようです。レーシックでもこういう状態になるんですかね?

    いずれにしてもメガネの無い生活は快適で今はテレビを見る時くらいしかかけていないのでやっぱりセカンドレンズにトライして老眼鏡をかけるほうに気持ちが傾いています。

    koyu さん、こんちは!
     
    老眼ですか…!  そっか、そういうコトもあるんですね。 
     
    元々感じていなかった老眼が、オサートで良くなることで感じる…ってコトですよね??? 
     
     
    ボクも人事じゃないかも…?  
     
     

     
     
     
     

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158679/24235818

    この記事へのトラックバック一覧です: 4rhレンズ開始2週間後検査:

    « 放置されたハカラメ… | トップページ | オサート紹介制度 »

    2017年10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
    無料ブログはココログ